「簡単」Apple Musicの曲をPCにダウンロード・保存する方法

Apple Musicの曲を聴いている場合、オンラインで聴くだけで満足できなく、それをPCにダウンロードしたい方でもいるでしょうか。ここではApple Musicアプリのダウンロード機能を紹介し、ダウンロードできない時の対策を説明しながら、ほかのApple Musicの曲をダウンロードする方法についても解説します。

目次

一、音楽変換ソフトでApple Musicの曲をPCにダウンロードする方法

Apple Music向けの音楽ダウンロードソフト「MuConvert Apple Music変換ソフト」を利用すれば、Apple Musicの曲をダウンロードしながら曲の形式をMP3、M4A、FLACなどに変換できます。Apple MusicだけではなくiTunesの音楽やオーディオブックなどにも対応しますので、Apple製品の音楽をダウンロードしてPC(Windows・Mac)に保存したい方にはお勧めします。

このソフトでダウンロードしたApple Musicの曲ファイルはApple Musicを解約した後でもオフラインで曲を聴けるし、曲のID3タグ情報(メタデータ)もそのまま保持できますので、Apple Musicの曲をダウンロードして自由に聴きたい方は今すぐソフトの無料体験版を試してください。

Apple Musicの曲をMP3に変換して解約しても制限なく聴ける方法

ステップ1、ソフトを実行

MuConvert Apple Music変換ソフト」で曲をダウンロードする前に、iTunesにアクセスして、ダウンロードしたいApple Musicをライブラリに追加してください。音楽形式変換の失敗を防止するために、曲をパソコンにダウンロードしておいてください。

次にはインストール済みのMuConvert Apple Music変換ソフトを起動し、左側のプレイリストを選び、そしてプレイリストの中から変換したい曲を選んでください。

プレイリストを選択

ステップ2、変換設定

変換したい曲を選んだ後、曲の出力形式と出力フォルダ、出力ファイル名などを設定してください。MuConvert Apple Music変換ソフトはMP3・M4A・AAC・AC3・MAIFF・FLAC・AUなどの出力形式に対応します。

出力形式を選択

ステップ3、Apple Musicの曲をダウンロード

出力設定が完了したら、「変換」を押してください。ソフトでは変換・ダウンロードの進捗状況を表示します。

曲変換を開始

ソフトの上部の「変換完了」を押せば出力した曲ファイルの変換履歴を確認できるし、曲の保存先を開いて音楽を再生して、ダウンロード済みの曲の品質をチェックできます。

二、Apple Musicアプリで曲をPCにダウンロードする方法

Apple Musicの料金プランに加入すれば、Apple Musicのダウンロード機能を活用して曲をダウンロードできます。スマホのApple Musicアプリでは簡単に曲をダウンロードできますが、PC側でもApple Musicの曲をダウンロードしたい時にはiTunesをインストールしておくことが必要です。

ステップ1、iTunesやApple Musicアプリを開き、ダウンロードしたいApple Music音楽を探します。

ステップ2、ダウンロードしたい曲のそばの「+」ボタンを押して、ファイル単位で曲をライブラリに追加できます。アルバムやプレイリスト単位で追加したい場合にはアルバムやプレイリストの「+追加」(+ADD)を押してください。

プレイリストの追加

ステップ3、これでは曲・アルバム・プレイリストがまだダウンロードされていないがライブラリに追加されます。次にはライブラリで曲やプレイリストのそばの「雲(くも)」マークを押してください。これで曲はパソコンにダウンロードされます。

雲マークを押す

でも、注意すべきなのは、Apple Musicのダウンロード機能では簡単に曲をダウンロードできますが、ダウンロード済みの曲はパソコンでのiTunesでしか再生できません。再生のほかに、iTunes以外のパソコンの場所に保存したり外部デバイスに移行したりすることもできないし、Apple Musicの料金プランを解約した後はダウンロード済みの曲もすぐ再生できなくなります。

Apple Musicの曲はApple社の開発したDRM技術によってこのように制限が掛かっていますので、もし自由にApple Musicの曲を聴いたり転送しがりしたいなら、やはり上記の「MuConvert Apple Music変換ソフト」の操作ガイドによってApple Musicの曲をダウンロードしてみてください。

三、Apple Musicの曲をPCにダウンロード・再生できない対処法

Apple Musicの曲をダウンロードしようとしても、インターネットの状況やデバイスのストレージなどによって失敗する場合があります。その時にはダウンロードできない原因によって対策を練りましょう。

ヒント:注意すべきなのは、同じApple IDでログインする場合、ダウンロードしたい曲は既にほかのデバイスでダウンロードしたことがあるのでダウンロードできなくなる可能性もあります。同一Apple IDを使用しているデバイスをチェックしてから下記の対処法を試しましょう。

対処法1、インターネットが良い環境を選ぶ

インターネットを接続できない場所や接続状況が悪い場所というと曲をダウンロードできなくてダウンロードが遅くなるリスクが高いですので、安定なWi-Fiに接続できる環境でApple Musicの曲をダウンロードしてみましょう。

対処法2、安定なデバイスが必要

不安定なPCやスマホなどのデバイスでApple Musicをダウンロードする場合にも失敗する可能性が高いですので、万能薬の再起動を試した後、できるだけデバイスの不具合を修復し、メモリを解放し、ストレージの容量不足問題を解決してからApple Musicの曲をダウンロードしましょう。

対処法3、パソコンの再認証

iTunesでパソコンを再認証することでダウンロードができない問題を解決できるかもしれません。Apple IDでiTunesにサインインして、「アカウント」>「認証」>「このコンピュータを認証」の手順でやってください。最後にはパスワードを入力してから、Macの「return」やWindowsの「Enter」を押して「認証」をクリックしてください。

対処法4、デバイスとアプリのバージョンを最新にする

OS/iOS/iTunesのバージョンが最新ではない場合にはエラーが発生してダウンロードが失敗する恐れがありますので、Apple Musicの曲をダウンロードする時にはできれば最新版にアップデートしてください。

対処法5、iCloud ミュージックライブラリをオンにする

iCloudミュージックライブラリをオフにすると、iTunesから追加した曲はApple Music側からダウンロードできなくなり、既存の曲も消えてしまうようになります。そのため、Apple公式ページのガイドによってiCloud ミュージックライブラリをオンにしてください。

ご注意:iCloudミュージックライブラリをオンにすれば、DRM保護が付与された曲は削除されて聴けなくなるリスクがあります。そして、iCloudミュージックライブラリをオンにする時の同期項目を間違って選択することによってデバイスの音楽データが削除される場合があります。iCloudミュージックライブラリを有効にする時は慎重に実行してください。

対処法6、Apple Musicのサーバー状況を確認する

珍しい状況ですが、たまにもユーザー側の問題ではなくてApple Music側のサーバーに不具合があります。その時にはApple Musicサーバーのトラブルが解消されるまで待つしかありません。

Apple公式ページにはサーバー状態を確認できる「System Status」ページがありますので、どちらの問題か確かめたい場合にはぜひチェックしてください。

まとめ

ダウンロード済みの曲の制限が解除されたらApple IDを登録したデバイスではなくても自由に曲を再生できますので、快適にApple Musicの曲を聴きたい方は上記の音楽変換方法によって曲をPCにダウンロードしてみることをお勧めします。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments