Apple MusicのDRM保護を解除する最も簡単な方法

Apple Musicを通じては9000万曲以上が聴き放題で、洋楽ファンの中で大好評を博していますが、Apple Musicの曲を聴く時には色々な制限が掛かっています。Apple MusicのDRM制限を解除しないと、特定のアプリでしか再生できなくて、他のデバイスやMP3プレーヤーで楽しめることができません。ここではApple Musicが不正コピーを防止するために開発したDRM技術を紹介しながら、このDRM保護を解除できるソフトの使い方について説明します。

目次

一、Apple MusicのDRM保護について

Apple社の開発したDRM(デジタル著作権管理)技術によって、Apple MusicのDRMが掛かっている曲は保護されたファイルとして特定のアプリ(例:Apple IDを登録したデバイス)でしか再生できなくて、ほかのアプリでは再生できないということです。

Apple MusicアプリやiTunesなどで曲の詳細情報をチェックすると、曲の形式(種類)は「Apple Music AACオーディオファイル」という暗号化されたAACオーディオファイルとして表示されます。

DRM と掛かっている画面

もちろん、Apple Musicを解約した後、Apple MusicのDRMが掛かっている曲もアクセスできなくなり、Apple Musicのダウンロード機能でデバイスに保存した曲でもライブラリから自動的に消えてしまいます。

そのため、ここでは暗号されたApple MusicファイルのDRM制限を解除できるやり方について紹介します。DRM保護を解除した曲は任意のデバイスで再生できるし、Apple Musicから解約しても曲を自由に聴けます。

二、Apple MusicのDRM保護を解除する方法

專門的なDRM解除ソフトを利用すれば、安全かつ高速で曲のDRM保護を解除できます。ここでは專門的な「MuConvert Apple Music変換ソフト」でDRM付きのApple Music音楽ファイルの制限を解除するやり方について説明します。DRM解除機能を利用するためにはWindows・Macに対応するソフトをPCにインストールしておく必要があります。

ステップ1、インストール済みのソフトを起動すれば、PCのiTunesのライブラリにある曲がソフトに表示されますので、Apple Musicの曲のDRM制限を解除しながら曲をダウンロードしたい場合、事前にiTunesのライブラリにDRMを解除したいApple Music音楽ファイルを入れてください。

では、ソフトの左側のプレイリストからDRMを解除したい曲のあるプレイリストを選んでください。

プレイリストを選択

ステップ2、MuConvert Apple Music変換ソフトは形式変換機能を持ちますので、DRMを解除した曲の形式をMP3、 M4A、AAC、AC3、 MAIFF、FLAC、AUなどに変換できます。出力形式のほかに、出力品質・出力フォルダ・出力ファイル名なども設定できます。

出力形式を選択

ステップ3、次はApple Music音楽変換の実行をします。右下の「変換」を押せば、曲のDRM解除と形式変換が開始します。変換が終了した後、上部の「変換完了」でDRM解除された曲の保存先を開いてください。

曲変換を開始

まとめ

上記の操作手順によってApple Musicの曲のDRM制限を解除した後、変換された曲を任意のデバイスやプレーヤーで再生してみて、思う存分に楽しめましょう。変換された曲はDRM保護が解除されたため、Apple Musicの料金プランを解約したでも正常に再生できますので、ぜひ活用してください。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments