「最新」MuConvert Apple Music変換ソフトとは?使い方や評判を解説

Apple Musicの曲をダウンロードしてオフラインで聴きたいとき、またApple Musicの曲を他のプレーヤーで再生したいときには、Apple向けの音楽変換ソフトを使う方が多いでしょう。「MuConvert Apple Music変換ソフト」は新登場のApple Music変換ソフトとして、実際に使っている時はどういう感じですか?使いやすいですか?使いにくいですか?この記事で、「MuConvert Apple Music変換ソフト」の使用体験をもとに、このソフトの使い方、料金、評判を解説します。Apple Music変換ソフトを使うニーズがある方、ぜひご覧になってください。

目次

「MuConvert Apple Music変換ソフト」とは?

MuConvert Apple Music変換ソフト」はApple Music向けの音楽変換ソフトとして、Apple Musicの音楽を無損失でMP3、M4A、FLACなど汎用性が高い音声形式に変換して保存することができます。曲のDRM保護を解除して、10倍速でApple Musicの曲、アルバム、プレイリストなどをダウンロードできます。そして、ダウンロードした曲をApple以外のデバイス、MP3プレーヤーなどに転送して再生するのも可能です。また、変換された曲はID3タグとタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、アルバムアートなどのメタデータ情報はそのままに保持しています。Apple Musicを変換したい場合、ぜひダウンロードしてみてください。

優れた特徴:

  • MP3、M4A、FLACなどデバイスと互換性のある多様な出力形式に対応
  • Apple Musicの曲、アルバムやプレイリストを一括ダウンロード
  • オリジナルの音質を維持して変換できる
  • Apple Musicの曲のDRM保護を解除可能
  • 10倍速いスピードでApple Musicの音楽を変換できる
  • WindowsとMacの両方に対応

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の試用版と製品版の違い

このソフトはライセンスを購入するのが必要ですが、お試し用の試用版をご用意しています。試用版は、製品版と同じ機能を備えていますが、いくつかの制限があります。次はこの2つの違いをお伝えします。

機能

試用版

製品版

変換可能のオーディオファイルの長さ

項目ごと3分

無制限

試用期間

30日

無制限

試用した後、制限なく使用したいなら、ライセンスを購入してください。

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の価格

「MuConvert Apple Music変換ソフト」は3つのライセンスがありますので、自分のニーズとライセンスの内容を見て、適切なライセンスを購入してください。

 

月間

永久ライセンス

料金

1480円

4980円

内容

1PC用ライセンス

無料サポート

無料アップデート

1PC用ライセンス

無料サポート

 無料アップデート

この比較表を見て、それぞれのライセンスの違いを比較できます。お試しいただき、ニーズに合っていると感じられたら、自分に合ったライセンスをお選びください。

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の使い方

「MuConvert Apple Music変換ソフト」はとても使いやすいです。音楽変換ソフトを使ったことがない方でも、以下の手順にしたがって、すぐに使い始めることができます。では、Apple Musicの曲をMP3に変換する手順を例にして、「MuConvert Apple Music変換ソフト」の使い方をご紹介いたします。

ステップ 1:変換ソフトをインストール

上記のボタンをクリックし、MuConvert  Apple Music音楽変換ソフト」をパソコンにダウンロードし、インストールします。

ステップ 2:変換ソフトを起動

インストール済みの「MuConvert  Apple Music音楽変換ソフト」を起動し、Apple IDでAppleウェブプレイヤーにログインします。

Appleウェブプレーヤーを開く

ステップ 3Apple Musicの曲をソフトに追加

追加したいApple Musicの曲が含まれるプレイリストを開きます。Apple Musicの曲を右の「+」ボタンにドラッグすることで、その曲を追加できます。また、プレイリストの写真を「+」ボタンにドラッグして、そのプレイリストの全ての曲を追加します。

Apple Musicの楽曲を選択する

ステップ 4:出力形式とフォルダー設定

Apple Musicの曲の出力形式はソフトの右上の「すべてのファイルを変換」で「MP3」を選択して、全部の曲をMP3に設定します。一曲ごとに出力形式を設定することも可能です。そして、ソフトの左下で保存先を設定します。

出力形式を設定する

さらに、曲の品質を調整したい時、メイン画面の右上の「≡」をクリックして、「設定」を選択して、サンプルレートとビットレートも設定できます。

Apple Music上級設定

ステップ 5:変換したいApple Musicの曲を選択

では、変換したいApple Musicの曲にチェックを入れます。または「すべてを選択」ボタンをクリック、追加された曲を一括選択できます。

Apple Musicの曲を選択

ステップ 6Apple Musicの曲を変換

すべての設定が終わったら、「変換〇〇アイテム」を押して、曲を変換します。変換した曲は「変換完了」で見えます。

Apple Music 変換完了

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の評判

「MuConvert Apple Music変換ソフト」を徹底的に使った後、このソフトの長所と短所をまとめます。

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の長所

ほかのApple Music変換ソフトと比べて、「MuConvert Apple Music変換ソフト」は安い価格で、永久ライセンスを購入するのが可能です。コスパ最高のApple Music変換ソフトといっても過言ではありません。

このソフトは非常に使いやすいです。チュートリアルを見ていなくても、ソフトの画面を見るだけで操作できます。初心者にもおすすめします。そして、Appleウェブプレーヤーを内蔵し、iTunesをインストールする必要がありません。

更に、Apple Musicの曲を変更する時、自動的にDRM保護が解除されます。変換されたApple Musicの曲はほかのデバイスやプレイヤーでオフラインで再生できます。

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の短所

変換可能なフォーマットはMP3、WAV、M4A、FLACのみで、基本的なニーズには十分ですが、より多くのニーズを持つユーザーにとっては、このフォーマットの選択が少ないと感じるかもしれません。このソフトがアップグレードされる時に、より多くの出力形式を開発することを期待しています。

まとめ

ここで、「MuConvert Apple Music変換ソフト」の使い方、ライセンス、メリット、デメリットなどを詳しく説明いたします。このソフトは使いやすく、初心者に優しいです。そして、価格も安くてコスパが高いです。また、Apple Musicの曲を変換するのも非常に速いです。Apple Music変換ソフトとして、「MuConvert Apple Music変換ソフト」は優れる機能がありますので、おすすめします。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments