Apple MusicのDRM保護を解除するフリーソフト六選【Win/Mac】

Apple Musicの音楽はDRM付きのM4Pファイルで、残念なことに、Apple Musicを解約すると、ダウンロードした曲は聴けなくなります。また、Apple製品以外のデバイスでは再生できないのです。それらの問題に悩んでいるでしょう?実は、Apple MusicのDRM保護を解除するソフトを使えば、問題がすぐに解決できます。

では、本記事はApple MusicのDRM保護解除するフリーソフトを六つ厳選して、皆さんにご紹介します。DRM保護を解除する方法も詳しく説明しますので、ぜひ見逃しないでください。

目次

一、Apple MusicのDRMとDRM解除ソフトについて

DRMとは何か?

DRM(デジタル著作権管理)とはコピーガード技術の一種で、デジタルメディアの不正利用及びコピー行為を制限する技術や管理方法ということです。DRMは映画、音楽、テレビ、書籍などの複数の分野に幅広く適用しています。もちろん、Apple Musicも曲の不法複製や無制限な再利用を防ぐために、DRMをかけています。DRM付きの曲はApple製品以外のデバイスでは再生できないのです。

DRM保護を解除するソフトの必要性

Apple Musicが世界中大人気のストリーミング音楽サービスです。Apple Musicからダウンロードした曲の詳細情報を見る(曲を右クリックして「プロパティ」>>「FairPlay のバージョン」の順にクリックする)と、FairPlay のバージョン」という項目が見られます。FairPlay 、つまりApple社が独自に開発したデジタル著作権管理技術DRMが掛かっています。それらの曲は暗号化された AAC オーディオストリームを含む正規の MP4コンテナファイルとなります。

DRM と掛かっている画面

Apple Musicの曲はDRMが掛かっているため、Apple製品以外のデバイスでは再生できないのです。また、残念ながら、Apple Musicを解約すると、ダウンロードしたすべての曲も聴けなくなります。ですから、お気に入りの曲をApple以外のデバイスで、メディアプレイヤーで再生したり、ダウンロードして永久に保存したりするように、DRM保護を解除するソフトを利用しなければなりません。

二、Apple MusicのDRM保護を解除するソフトお勧め

上記と言った通りに、DRMがもたらす曲の再生・保存制限を防ぎたいなら、Apple Music DRM解除ソフトが欠かせないです。以下は無料で使え、DRM解除ソフト六つをご紹介します。

Apple Music DRM解除ソフトTop1、MuConvert Apple Music変換

「MuConvert Apple Music変換」は簡単にApple Music、iTunesの音楽のDRM保護を解除して、無損失でMP3、M4A、AACなどに変換できるソフトです。また、ID3タグや曲名、アーティスト、アルバムなどのメタデータ情報をそのまま保存できます。変換効率を向上させる一括変換機能を使えば、同時に複数の曲を変換し、時間を節約することができます。WindowsとMacの両方で無料で利用できるので、以下のボタンを押して、Apple MusicのDRM保護を解除しましょう。

優れた機能:

  • 簡潔なインターフェースを持って、簡単に操作できる
  • WindowsやMacに対応
  • Apple MusicのDRM保護を完璧に解除できる
  • MP3・M4A・AAC・WAVなど、汎用的な音声形式に変換できる
  • Apple Music 曲のIDタグの保存と編集にサポート

以下は専門的な「MuConvert Apple Music変換」を使って、Apple MusicのDRM保護を無効化する具体的な手順を説明します。

ステップ1、ソフトを起動

「MuConvert Apple Music変換」をインストールして、実行すると、iTunesのライブラリにあるプレイリストが表示されます。Apple Musicの曲のDRM制限を解除する前に、予めiTunesのライブラリにDRMを解除したいApple Music音楽ファイルを追加してください。

プレイリストを選択

ステップ2、変換設定

このソフトはApple Music でDRMを解除した曲の形式をMP3、M4A、AAC、AC3、FLAC、AUなどに変換できます。また、出力形式、出力品質も自由に選択できます。

出力形式を選択

ステップ3、曲のDRM解除を開始

以上の設定が完了したら、画面右下の「変換」を押せば、曲のDRM解除と形式の変換が開始します。変換が終了した後、メニューバーの「変換完了」でDRM解除された曲を確認することができます。

曲変換を開始

以上は「MuConvert Apple Music変換」の使い方法です。ぜひ以下のボタンを押して、自分でやって、Apple MusicのDRM保護を解除して、曲をダウンロードしてみてください。

Apple Music DRM解除ソフトTop2、TunePat Apple Music Converter

「TunePat Apple Music Converter」は専門的なDRM解除ソフトとして、Apple Music のDRMを無効化しながら、曲、プレイリスト、アルバムをMP3、AACなど多様な形式に変換・保存できます。特別の ID3 タグ識別技術を適用し、曲の ID タグ情報を保持できます。そのほか、10倍速の高速で音楽を変換する同時に、音質も落さないのです。

しかし、無料版は曲ごと3分しか変換できないという制限があります。試用制限を解除するためには、有料版(1ヶ月間ライセンス:1980円;年間ライセンス7980円;永久ライセンス17980円)を買わなければなりません。制限なしにApple Musicの全曲のDRMを解除して、楽しみたい方にはもっとお買い得の「MuConvert Apple Music変換」をお勧めします。有料の年間ライセンス(4980円)或いは月間ライセンス(1480円)を購入するだけで、無制限にすべての機能を楽しめます。

メリット:

  • Apple Music のDRM保護をうまく解除
  • MP3/AAC/WAV/FLAC/AIFF/ALAC など多様な出力形式に対応
  • ID タグ情報を保持
  • iTunes アプリをインストール不要

 

デメリット:

  • 無料版はApple Music の曲の変換長さは三分間に制限される
  • 有料版はコスパに懸念がある

Apple Music DRM解除ソフトTop3、Renee Audio Tools

「Renee Audio Tools」はWindowsだけ向けのDRM保護解除ソフトとして、無料でApple Musicの音楽を録音して、MP3、M4A、AACなど様々な形式に出力できます。ID3タグを編集したり、、オーディオを編集したり、CD、DVDに複数の音楽を書き込んだりして、多様な機能もあります。

注意すべきなのは、音楽の変換やエンコードは1回しかできないので、連続してエンコードしたければ、再起動しないとエラーになってしまいます。ここでは、Apple Musicの曲を一括にDRM保護解除して、変換できるソフト「MuConvert Apple Music変換」をお勧めします。

Renee Audio Tools

メリット:

  • 分かりやすいインタフェースで、直感的に操作できる
  • Apple Musicなどの音楽の編集機能を搭載

 

デメリット:

  • 録画したApple Music曲の音質には懸念がある
  • エンコードは1回しかできない

Apple Music DRM解除ソフトTop4、NoteBurner Apple Music Converter

「NoteBurner Apple Music Converter」はApple Musicでの曲をMP3、AAC、WAV、FLAC、AIFF、ALACなどよく使われる音声ファイルにスムーズに変換できます。Apple Musicを解約しても、変換やダウンロードはDRM保護に制限されません。そのほか、曲の ID タグ情報の保持はもちろん、出力フォルダ整理機能を搭載、出力した曲をアーティスト、アルバム単位で保存できるよう設定できます。

ですが、「TunePat Apple Music Converter」と同じように、無料で使えますが、実は無料版を使うときに、曲の長さが3分を超える部分は変換・保存できません。有料版もありますが、価格はちょっと高く、年間ライセンスは7980円、一ヶ月間ライセンスは1980円です。一方、「MuConvert Apple Music変換」はより安い価格でApple Musicの曲の著作権管理技術を解除して、曲を丸ごと保存して、どんなデバイスでも楽しめます。

NoteBurner Apple Music Converter

メリット:

  • Apple Musicで聴ける曲をMP3、AAC、FLAC、WAV、AIFFなどの音声フォーマットに変換
  • DRM保護解除済み、ダウンロードされた曲は元音質を維持できる
  • 変換スピードの調整できる
  • IDタグとその他の情報を保持

 

デメリット:

  • 試用版では、1曲に3分しか変換できない制限が掛かっている
  • 永久ライセンスはコスパに懸念がある

Apple Music DRM解除ソフトTop5、Sidify Apple Music Converter

「Sidify Apple Music Converter」は最大 10 倍速でApple Musicでの曲をDRM保護を解除しながらダウンロードする無料で使えるソフトです。DRM保護の解除以外、Apple Music の音楽をCDに焼く、OneDrive にアップロードや共有機能も搭載しています。

しかし、iTunes・ミュージックアプリでの設定項目を正しく設定していなければ、ソフトが起動できない場合があります。この時、代わりに、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を試しましょう。

Sidify Apple Music Converter

メリット:

  • DRMを解除して、MP3、AAC、FLAC、WAV、AIFF、ALAC などに変換できる
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応
  • 曲のIDタグ情報をそのまま保持

 

デメリット:

  • 最大10倍速と宣伝、変換スピードは1Xのオプションだけを用意
  • 変換前にタグ編集が不可能

Apple Music DRM解除ソフトTop6、Audacity

「Audacity」は録音の方式ででApple Musicの曲のDRM保護を解除して、MP3に変換するフリーソフトです。そのほか、WAV、AIFF、AU、OGGとFLACなどの出力形式にも対応しています。録音の速度やピッチを変更でき、素早く音楽を記録してから満喫できます。また、Windows、Mac OS X または Linuxで24 ビット深度で録音できます。

しかし、UI設計は複雑で、初めて使う人にとってはちょっと不便で、時間もかかります。初心者の方には、使いやすい「MuConvert Apple Music変換ソフト」を使うことがおすすめです。

Audacity

メリット:

  • 完全に無料
  • Windows、Mac OS X 、 Linuxに対応
  • 録音されたApple Musicの音楽を編集できる

 

デメリット:

  • インターフェースは複雑で、操作は難しい
  • 録音された音楽の音質を保障できない

三、Apple MusicのDRM保護を解除するソフトの比較

以上はApple MusicのDRM保護を解除できるフリーソフトを六つご紹介いたしました。どれを選択すればいいのかと悩んでいるでしょう。では、下記のDRM保護解除ソフトの比較表を参考して、自分に合ったツールを選択しましょう。

ソフト名MuConvertTunePatReneeNoteBurnerSidify Audacity
使いやすさ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
対応OSWin/MacWin/MacWinWin/MacFree版はWinのみに対応Win/Mac

ID3タグ情報を保持

×

ID3タグを編集

××

変換スピード

最大10倍速

倍速対応原速倍速対応倍速対応1X

出力ファイル名を変更

音楽の管理

×

まとめ

本記事はDRMに関する知識を説明した上で、Apple MusicのDRM保護を無効化できるフリーをWindowsユーザーの皆さんに紹介しました。もちろん、Macに対応できるソフトもいくつかありますので、ご選択ください。その中で、「MuConvert Apple Music変換ソフト」は使いやすいし、Win/MacでApple MusicのDRM保護を解除して、Apple Musicを解約後でも任意のデバイスに保存したり、オフラインで再生したり、曲をCD焼いたりすることができます。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments