「無料可能」Apple Musicから曲をダウンロードしてMP3として保存する方法

iPhone・iPad・MacなどのApple製品を利用している方はAppleの音楽配信サービス「Apple Music」を活用すれば、何千万以上の曲を聴けるだけではなく、Appleデバイスの間に自由にお気に入りのApple Musicの曲を同期できます。でも、もし音楽配信サービスApple Musicの曲を再生するだけではなく、高音質でダウンロードしたい場合にはどうすればいいのでしょうか。

ここではApple Musicの音楽をダウンロードするやり方を紹介しながらApple Musicの楽曲をダウンロードする時の注意点も説明しますので、Apple Musicの曲のダウンロードに関わる質問がある場合には、ぜひ読んでください。

apple music ダウンロード
目次

一、定額制のApple Musicサービスと料金プラン

9000万以上の楽曲が聴き放題のApple Musicは4つの料金プランがあり、ストリーミングサービスだけではなく、デバイスに曲を保存してオフラインで曲を再生することができます。

「個人プラン」980円

基本の個人プランで誰でも利用できます。

「ファミリープラン」1,480円

家族で一緒に利用するプランとして最大人数6人まで使えます。

家族2人だけで使えっても個人プランより割安です。

「学生プラン」480円

在学証明が必要で、学生限定の学割プランですが高校以下は対象外なのです。

「Voiceプラン」480円

Appleデバイスに搭載されているSiriからのみ音楽を再生できるプランです。Siriに話しかけることで音楽を再生するモードとして、上記の通常プランと異なり、色々な制限があります。

apple music プラン

二、PC側でApple Musicから曲をダウンロードする方法

Apple Musicのダウンロード機能で曲をダウンロードすることはすごく簡単ですが、ダウンロード済みのApple Music音楽データは保護されたファイルとして、DRM保護がかかってiTunesのみ再生可能だし、Apple Musicを解約すると曲の再生もできなくなります。Apple Musicというと所詮音楽配信サービスですので、音楽ダウンロードといっても制限が多いです。

その場合、Apple Musicの曲をダウンロードしてデバイスに保存するだけではなく、ダウンロード済みの曲を自由に再生したい、Apple Musicとの契約を解除したでも曲を聴き続けたい場合には、Apple Music向けの音楽変換ソフトをお勧めします。

MuConvert Apple Music変換ソフト」はApple Musicの曲をダウンロードしながら音声形式を変換するソフトです。このソフトでダウンロードした曲は制限が解除されますので、ダウンロード済みの曲は自由に再生できるし、Apple Musicとの契約を解除した後でも聴き続けます。次にはソフトの操作手順について紹介します。

ステップ1、MuConvert Apple Music変換ソフトを起動

変換ソフトを起動すれば、PCでのiTunesも一緒に起動されます。このソフトはiTunesを通じてApple Music側の音楽情報を読み取ります。

プレイリストを選択

ステップ2、ダウンロードしたいApple Music曲を追加

次には変換したい曲を選び、そして変換後の出力形式を設定してください。このソフトはMP3/M4A/AC3/AAC/AIFF/AU/FLACなどの形式の変換に対応します。出力品質も出力フォルダも選択できます。

出力形式を選択

ステップ3、Apple Musicのダウンロードを開始

そして「変換」を押して、曲を変換しましょう。変換が完了したら、「変換完了」を選び、変換履歴をチェックしながら、「出力先を開く」を押して、変換されたApple Musicの曲を再生して品質を確認してください。

曲変換を開始

三、スマホでApple Musicをダウンロードする方法

1.スマホでApple Musicをダウンロードする時の注意点

スマホでApple Musicから曲をダウンロードするためには、事前にApple Musicアプリをスマホにインストールしておき、そしてアプリを起動して初期設定を行う必要があります。

スマホで曲をダウンロードする方法は3つあります。

  • 曲単位でダウンロードする
  • アルバムやプレイリスト単位で曲をダウンロードする
  • 再生中の曲ごとにダウンロードする

2.スマホでApple Musicの曲をダウンロードする操作手順

(1)曲単位で一ずつダウンロードする

ステップ1、ダウンロードしたい曲の横にある「+」をタップして、曲をライブラリに追加します。

ステップ2、ライブラリの曲の「雲」マークをタップしてダウンロードします。

(2)アルバム・プレイリスト単位でダウンロードする

ステップ1、アルバムやプレイリストのタイトルや画像のそばの「+追加」をタップして、ライブラリに追加します。

ステップ2、「雲」マークをタップしてまとめてダウンロードします。

(3)再生中の曲をダウンロードする方法

ステップ1、再生中の画面の「…」をタップして曲をライブラリに追加します。

ステップ2、ライブラリに追加した曲の「雲」マークをタップしてダウンロードします。

四、Apple Musicのダウンロードに関わるFAQ

1. Apple Musicを解約したらダウンロードした曲はどうなる?

Apple Musicは定額制音楽配信サービスですので、ユーザー側は曲の所有権がありません。Apple Musicとの契約を解除すれば、曲へのアクセス権がなくなりますので、料金プランを解約したらダウンロードした曲が再生できなくなります。

もしApple Musicを解約した後でも曲を聴き続けたいなら、上記の「MuConvert Apple Music変換ソフト」を活用して、曲を形式変換してデバイスに保存してください。

2. ライブラリとダウンロード済みの楽曲の区別

Apple Musicの「ライブラリ」機能は自分のお気に入りの曲・アルバム・プレイリスト・アーティストなどのコンテンツを管理するものです。曲をライブラリに追加するだけではダウンロードされていません。曲についている「雲」マークをタップして音楽ファイルをデバイスにダウンロードする必要があります。

Apple Musicアプリの中に、「+」マークが表示される楽曲はライブラリに追加されないし、ダウンロードもされていない曲です。

「雲」マークが表示される楽曲はライブラリに追加されていますが、ダウンロードされていない曲です。「+」も「雲」も表示されていない楽曲はライブラリに追加されたし、ダウンロード済みの曲です。「ライブラリ」の「ダウンロード済み」をタップすれば、デバイスにダウンロードした曲のみ表示されることができます。

3. Apple Musicからダウンロードした曲が消えたのはなぜ?

Apple Musicからダウンロードした曲が消えた時、とりあえずApple Musicとの契約を確認してください。Apple Musicのメンバーシップを解約したことやApple Musicのメンバーシップの有効期限が過ぎたことにより、Apple Musicの利用ができなくなり、ダウンロードした曲が自動的に削除されてしまい、消えてしまうようになります。

そのため、iPhoneの「設定」>「(Apple ID)」>「サブスクリプション」>「Apple Musicサブスクリプション」で有効期限を確認してください。Apple Musicのメンバーシップを解約したい場合、ここで「登録をキャンセルする」をタップして自動課金を防ぐことが可能です。

Apple Music 登録プラン

まとめ

Apple Musicは所詮音楽配信サービスですので、聴き放題といってもダウンロード機能まで及ぶと色々な制限が掛かっていますので、もしApple Musicから曲をダウンロードするだけではなく曲を自由に聴きたい場合には、Apple Musicのダウンロード機能でなく、「MuConvert Apple Music変換ソフト」という専門的な変換ツールを活用してみてください。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments