【解決済み】Apple Musicをオフラインで再生する方法

Apple Music(アップルミュージック)は音楽を何曲でも聞き放題できる有名な音楽ストリーミングサービスです。Apple Musicを愛用している方も多いでしょう。外出中好きなApple Musicの曲の伴いが必要で、また、通信量を節約しながら音楽を再生したい場合は、Apple Musicをオフラインで再生しかできなくなります。では、今回はApple Musicをオフラインで再生する方法を紹介します。再生する時に注意すべきこと、それに関する細かい問題点までも説明しますので、ぜひご参考ください。

目次

一、Apple Musicをオフラインで再生する利点

Apple Musicをオフラインで再生することはいくつかのメリットがあります。

  • 電波のない環境でもApple Musicの音楽が聴ける

Apple MusicはWiFi接続やモバイルデータ通信のある状態で音楽を再生できます。曲を端末にダウンロード・保存してオフラインで再生すれば、外出中電波通信が不安定な環境、もしくはWiFiのない場合でも、聞けないと心配する必要がなく、気楽にApple Musicの音楽を楽しめます。

  • データ通信容量がかからない

Apple Musicをオンラインで再生するにはデータ通信容量を消費しまうので、デバイスの通信容量が足りない場合では、Apple Musicを再生することも制限されています。オフラインで再生する場合は、通信容量がかからなく、それらの通信制限を回避できます。利用できる消費容量が少ない場合では、Apple Musicをオフラインで再生することをお勧めします。

  • WiFiと接続時と同じように、いつでも高音質の音楽再生が実現できる

Apple MusicをWiFi接続のある状態でダウンロードする時に、一度高音質の出力品質を選択して、オフラインで再生すれば、いつでも高音質のApple Music曲を満喫できます。

二、Apple Musicをダウンロードして、オフライン再生の方法

Apple Musicをオフラインで再生したい場合は、まず、Apple Musicからお気に入りの曲をダウンロードしておく必要があります。

ここでは、Apple Musicの音楽をダウンロードできる方法を二つご紹介します。音楽変換ソフトの利用であれ、Apple Music自体が内蔵しているダウンロード機能の利用であれ、曲をダウンロードしてきたことができます。

音楽変換ソフトで、Apple Musicをダウンロードする方法

「MuConvert Apple Music変換ソフト」は専門的な音楽変換ソフトとして、Apple Music、iTunes Music、オーディオブックなどの音楽をオリジナルの品質を維持したままに、MP3、M4A、AACなど汎用的な形式に変換できます。また、Apple MusicのDRM保護を解除することができ、お気に入りの曲を一気にダウンロードすることができます。そして、ダウンロードした曲はネット環境から影響を受けずに、高音質で再生することができます。

そのほか、ID3タグとタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、アルバムアートなどのメタデータ情報もそのまま保持できます。10倍速いスピードで、Apple Musicの複数の曲を同時に変換・ダウンロードできるので、時間の浪費を心配する必要がありません。

ステップ1、ソフトを起動

「MuConvert Apple Music変換ソフト」を実行します。そうしたら、iTunesも一緒に起動されます。Apple Musicから読み取ったプレイリストが左側に表示されます。

プレイリストを選択

ステップ2、Apple Music曲の追加と変換形式の設定

プレイリストの中から変換したい曲を選んでください。そして、変換後の出力形式、出力品質や出力フォルダを設定・選択します。このソフトはMP3/M4A/AC3/AAC/AIFF/AU/FLACなどの変換形式に対応しています。

出力形式を選択

ステップ3、Apple Musicの曲をダウンロード

以上の出力設定が完了したら、右下の「変換」をクリックして、曲の変換を始めます。変換履歴をチェックしたい場合は「変換完了」を選択すればいいです。また、「出力先を開く」を通して、変換られたApple Musicの音楽を再生して、音質を確認できます。ダウンロードされた曲はいつでも勝手にオフラインで再生できます。

曲変換を開始

以上はApple Musicをダウンロードする具体的な手順です。これはApple Musicの曲をオフライン再生する前の不可欠なステップです。以下のボタンを押して、簡単にダウンロード作業を完成できる「MuConvert Apple Music変換ソフト」を利用してください。

Apple Music自体のダウンロード機能を使う

Apple Musicはダウンロード機能を内蔵しているので、この機能を利用して、オフライン再生に準備をすることができます。では、この機能の使い方を解説します。

ご注意:Apple Musicの音楽をダウンロードする前には、有料会員登録が必要です。Apple Musicのプランは、「個人向けプラン」「ファミリープラン」「学生プラン」「Voiceプラン」の4種類が用意されているので、ニーズに合ったプランを選択すればいいです。

ステップ1、Apple Musicを起動し、Apple Musicの有料会員を登録します。オフラインで再生したい曲の曲名やアーティストで検索します。

ステップ2、楽曲リストの「+」追加マークをタップし、Apple Musicでダウンロードしたい曲をライブラリに追加します。

ステップ3、アルバム全体をダウンロードしたい場合はジャケットの右にある「+追加」マークをタップし、ライブラリに追加すればいいです。

曲をライブラリに追加

ステップ4、追加マークをタップすると雲のマークが表示されます。そのマークをタップすると楽曲のダウンロードが開始されます。楽曲やアルバムにチェックマークが付いたらダウンロードが完了です。

曲のダウンロードを開始

ご注意:毎回お好きなApple Musicの曲をライブラリに追加した後、またダウンロード作業をすることは面倒だと思われる場合は、デバイスで自動ダウンロード設定をすると、ライブラリへの追加と楽曲のダウンロードをまとめて行うことができます。

デバイスで「設定」 > 「ミュージック」「自動的にダウンロード」のスイッチをオン(緑色)にします。そうしたら、Apple Musicの曲を自動的にダウンロードすることができます。

自動的に曲をダウンロード

Apple Musicのダウンロード機能を利用して、オフラインで再生したい曲をダウンロードする手順は以上です。ダウンロード済みの曲は「ライブラリ」→「ダウンロード済み」で探せ、自由にオフラインで再生できます。

ただ、Apple Music自体のダウンロード機能を利用して、オフラインで再生する場合は、Apple Musicの無料トライアル期間内やApple Musicと契約期間内のみ音楽を自由に再生できます。無料期間が終了したり、Apple Musicと解約したりすると、前ダウンロードしたすべての曲データが消えてしまい、聴けなくなります。

そこでは、その問題を上手く解決できる「MuConvert Apple Music変換ソフト」をお勧めします。このソフトを利用して、ダウンロードした曲はApple Musicとの契約終了、無料期間の終了やDRM保護などの制限を防ぐことができ、永遠に端末に残れて、Apple Musicの音楽を自由にオフラインで再生することがシンプルなことなります。

三、Apple Musicをオフラインで再生する注意点

Apple Musicの内蔵しているダウンロード機能を利用して、オフラインで再生したい場合は、以下のことを注意すべきです。

  • Apple Musicと解約後、音楽が聴けなくなる

Apple Musicからダウンロードした曲は永遠に端末に残るわけでなく、Apple Musicと解約すると、ダウンロード済みの曲が聴けなくなります。

  • オフライン再生は歌詞表示に対応していない

Apple Musicをオンラインで再生する時に、曲の歌詞が表示されていますが、一方、オフラインでの再生では、モバイルデータ通信やWiFi接続がある環境ではないため、歌詞を表示することができません。

  • あらかじめiCloudミュージックをオンにしておく

Apple Musicの音楽をダウンロードして、オフライン再生するためには、iCloudミュージックをオンにしておく必要があります。まずはデバイスの設定アプリを開きます。そして、「ミュージック」をタップします。最後、「ライブラリを同期」のスイッチをオンにすると設定は完了です。

  • できるだけWiFi接続がある状態でApple Musicの音楽をダウンロード

音楽のダウンロードにはデータ通信量を使用しますので、データ通信量をできるだけ減らすためには、WiFi接続時にダウンロードしたほうがいいです。

もちろん、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を利用して、Apple Musicの楽曲をダウンロードする場合はただWiFi接続がある状態で音楽をダウンロードすることを注意すれば大丈夫です。それ以外のことを心配する必要がなく、余裕でApple Musicオフライン再生の魅力を楽しめます。

四、Apple Musicのオフライン再生に関するFAQ

オフライン再生は再生回数にカウントされますか?

Apple Musicで30秒以上オンラインで再生した曲が記録されます。しかし、オフライン再生の場合は再生回数が反映されません。アーティストの応援をしたく、再生回数記録の有無に疑問を持っている方は是非ご注意ください。

オフラインのみ聴けるApple Musicの音楽を表示する方法は?

ステップ1、デバイスの(ここはiPhoneを例にする)画面下のメニューバーの一番右側の「My Music」を選び、画面の中央にある「すべてのプレイリスト」をクリックしてください。

ステップ2、ポップアップされたメニューバーで「オフライン再生可能な項目を表示」をオンにします。すると、端末にダウンロードして、オフラインのみ聴ける楽曲やプレイリストがはっきり表示されるようになります。

まとめ

以上はApple Musicをオフラインで再生できる方法を詳しく解説しました。お役に立てれば幸いです。Apple Musicのオフライン再生を実現するためには、音楽を予めダウンロードしておくことが大切です。

以上二つのApple Musicのダウンロード方法を比較した後、やはり「MuConvert Apple Music変換ソフト」で曲をダウンロードすることがお勧めします。安全、便利且つ高音質のダウンロード機能を内蔵しているこの素晴らしいソフトをダウンロードして、自在にApple Musicをオフラインで再生して、音楽の癒しを感じましょう。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments