「2022年最新レビュー」Noteburner Apple Music Converterの評判

Apple Music向けの音楽変換ソフトを通じては簡単にApple Musicの曲の制限を解除して、楽曲の形式を変換して端末にダウンロードできますので、有名な「Noteburner Apple Music Converter」は楽曲形式変換ソフトの典型例として注目を集めています。ここでは「Noteburner Apple Music Converter」の特徴と機能を紹介しながら、ほかの代替ソフトのチュートリアルも用意しています。Apple Musicの曲を無損失でダウンロードしたい方、ぜひ下記のレビューを参考にしてください。

目次

一、「Noteburner Apple Music Converter」の紹介

Apple Music向けの音楽形式変換ソフトはほとんど使いやすくて初心者も安心・安全に利用できるタイプです。「Noteburner Apple Music Converter」も例外ではありません。

1、「Noteburner Apple Music Converter」の基本的な機能:

1)、Apple MusicDRM保護を解除

AppleMusicの曲・プレイリスト・ラジオ番組・ポッドキャストなどのデジタルメディアデータはほとんどデジタル著作権管理(DRM)に保護されています。そのため、Apple Musicのダウンロード機能で曲をパソコンに保存したとしても、曲をApple に対応しないデバイスで再生することが難しいし、Apple Musicを解約するとダウンロードした曲も聴けなくなります。

「Noteburner Apple Music Converter」はApple Musicの音楽データのDRM保護を解除する機能を持ちますので、このソフトでダウンロードした曲は普通の音楽ファイルになり、Apple Music以外のプレーヤーやデバイスでも自由に再生できるし、Apple Musicを解約した後でも正常に再生できます。

2)、Apple Musicの曲の音声形式を変換

「Noteburner Apple Music Converter」でダウンロードした曲の形式は変換されます。変換前に曲の出力形式を設定できますので、再生デバイスやプレーヤーによってApple Musicの曲をそれ相応の形式に変換し、そして変換した曲をオフラインで楽しみましょう。

*2022年7月時点でMP3、AAC、WAV、FLAC、AIFF、ALACという6種類の出力形式に対応します。音声形式にあまり詳しくない場合には汎用性が高いMP3を選びましょう。

2、Noteburner Apple Music Converterの特徴:

  • 曲の音質を最大320kbpsまで保持できる
  • 最大20倍の変換速度
  • ID3タグ情報の保持・編集ができる
  • CD書き込み機能を持つ
  • 直感的なインターフェース
  • One Driveへのアップロード&共有機能
  • 無料ソフトアップデート

3、「Noteburner Apple Music Converter」の料金

 

月間ライセンス

年間ライセンス

永久ライセンス

対応OS

Windows(税別)

1980円

7980円

17980円

Windows 11/10/8/7

Windows(税込)

2178円

8778円

19778円

Mac(税別)

1980円

7980円

17980円

macOS

12~10.11

Mac(税込)

2178円

8778円

19778円

*2022年11月7日時点の情報です。変更となる可能性があります。

4、ソフトの無料体験版と有料正式版の相違点

「Noteburner Apple Music Converter」の無料体験版と有料正式版は同じソフトですが、無料版は時間制限があるし、一部の機能の使用も制限されていますので、ソフトを試用するために用意したものです。無料体験版の制限を解除するためには、ソフトの有料版を購入する時に取得したライセンスキーでソフトの登録を行う必要があります。

二、「Noteburner Apple Music Converter」の評判

ユーザーたちのレビューを参考にして、ソフトのメリット・デメリットをまとめてみました。

Noteburner Apple Music Converterのメリット:

  • Windows・Macに対応
  • 便利で使いやすい
  • 変換後の曲の音質が高い
  • ID3タグの保持・編集に対応
  • 高速・安定・安全
  • 複数ファイルの一括変換に対応

Noteburner Apple Music Converterのデメリット:

  • 変換前にiTunesをインストールしておく必要がある
  • 変換中にアルバムカバーが失われる場合がある
  • 曲のダウンロードが失敗する可能性がある
  • 曲の変換速度が極端に遅くなることがある
  • 原因不明のエラーメッセージが出ることがある
  • Windows・Macの最新OSに対応しないリスクがある
  • ウイルス対策ソフトに制限される恐れがある
  • 正式版の価格が高いと思われる

三、「Noteburner Apple Music Converter」の代替ソフト

「Noteburner Apple Music Converter」のほかにもたくさんの音楽形式変換ソフトがありますので、ここでは代替ソフトの使い方についても説明します。上記の「Noteburner Apple Music Converter」を使ってみたが足りないと考えている場合、或い「Noteburner Apple Music Converter」の機能をうまく利用できない時、専門的な「MuConvert Apple Music変換ソフト」を代わりとして、Apple Music音楽をダウンロードしてみましょう。

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の特徴

  • Windows・Macに対応
  • Apple Musicウェブプレーヤーを内蔵したため、音楽変換に便利
  • MP3・M4A・FLAC・WAVの形式変換に対応
  • 複数の曲を一括で高速変換可能
  • 使いやすくて更新頻度が高い
  • ダウンロードした曲は自由に再生可能
  • 変換した曲は解約後でも再生できる
  • 曲のID3タグとメタデータ情報を自由に編集できる
  • 丁寧かつ親切な安心サポート

MuConvert Apple Music変換ソフト VS Noteburner Apple Music Converter

「MuConvert Apple Music変換ソフト」は「Noteburner Apple Music Converter」と比べても見劣らない便利なソフトです。以下の表で両方の機能を比較してみましょう。

 

MuConvert

Noteburner

対応OS

Windows・Mac

Windows・Mac

ID3タグ情報を保持

ID3タグを編集

コーデック設定

ビットレート設定

サンプルレート設定

チャネルを設定

出力音量を調整

×

出力形式

MP3、AAC、WAV、FLAC、

MP3、AAC、WAV、FLAC、

AIFF、ALAC

価格(税抜き・月額)

1680円

1980円

価格(税抜き・年額)

なし

7980円

価格(税抜き・永久)

7980円

17980円

「MuConvert Apple Music変換ソフト」の操作手順

ステップ1Apple Musicにログイン

ソフトではApple Musicウェブプレーヤーを内蔵しておいたため、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を実行すれば、お使いのApple MusicアカウントでWeb Playerにログインし、直接形式を変換したい曲を検索できるようになります。

Appleウェブプレーヤーを開く

ステップ2、プレイリストの曲を追加

「MuConvert Apple Music変換ソフト」はプレイリスト単位で曲をソフトに追加しますので、好きな曲を見つけた後、この曲が含まれるプレイリストの右側の「+」ボタンを押してください。これでプレイリストのすべての曲がソフトに追加されます。

Apple Musicの楽曲を選択する

ちなみに、ソフトの右上の「≡」を押して、「設定」で出力設定を調整できます。出力形式・サンプルレート・ビットレート、どちらでも曲の音質を向上させるポイントです。

Apple Music上級設定

ステップ3、曲を選択

Apple Musicからダウンロードしたい曲を選んでください。選定した曲は保存先に出力します。保存先はソフトの左下で設定できます。

ヒント:プレイリストの全ての曲を変換したい場合、「すべてを選択」にチェックを入れて曲を一括選択してください。

Apple Music 曲 選択

ステップ4、出力設定

「MuConvert Apple Music変換ソフト」はMP3・M4A・WAV・FLACへの形式変換に対応します。右上の「すべてのファイルを変換」で出力形式を一括設定できるし、曲の出力形式を個別に設定するのも可能です。

出力形式 設定

ステップ5、ダウンロード開始

右下の「すべて変換」を押して、曲の音楽形式変換・ダウンロードが始まります。変換中にソフトで進捗状況を確認できます。変換が終了したらソフトの上部の「変換完了」を押して変換履歴をチェックしてください。

Apple Music 変換完了

四、「Noteburner Apple Music Converter」の使い方

注意:「NoteBurner Apple Music Converter」を実行する前でも、ソフトで曲を変換している途中でもパソコンのiTunesとMusicアプリを起動したり使用したりしないでください。

ステップ1、ソフトのインストールと起動

「NoteBurner Apple Music Converter」をお使いのパソコンにインストールしてください。インストール済みのソフトを起動すれば、下記のソフト画面が表示されます。

NoteBurner Apple Music 変換 画面

ステップ2、製品登録

ソフトを購入した後、ソフトの無料体験版を有料正式版にアップデートするために、ライセンスキーで製品の登録を行い、制限を解除する必要があります。購入時に入力されるメールアドレス宛てに製品登録用「ライセンスキー」が自動的に送信されますので、ソフトのメニューバーの「製品登録」を押して、「登録メールアドレス」と「ライセンスキー」を入力して、「登録」を押してください。

NoteBurner 製品登録

ステップ3、曲を追加

ソフト画面の「+ 追加」ボタンを押して、音楽追加画面に入ります。iTunes ライブラリの全体が表示されますので、その中から変換したい曲を選び、「OK」を押してください。

(iTunesライブラリを開くことになりますので、ソフトの機能を利用するためには、iTunesをパソコンにインストールしておく必要があります。)

NoteBurner オーディオ 追加

ステップ4、出力設定

変換前には曲の出力形式、音質、出力先を設定する必要があります。ソフトの右上の歯車ボタンをクリックすれば、ソフトの設定画面に入ります。

次に出力設定を変更してください。

1、変換モードを「AUTOモード」に選択します。

2、出力形式を MP3、WAV、AAC、FLAC、AIFF、ALACから選びます。

3、高音質のためにビットレートは一般的に320kbpsを設定します。

4、出力ファイル名は曲のトラック番組・タイトル・アーティスト・アルバム・プレイリスト順・年月日によって変更されて保存することができます。

5、パソコンから曲の出力フォルダを選択します。

NoteBurner 変換 設定

ステップ5、変換開始

では、右下の「変換」を押してください。曲のダウンロードと音楽形式変換を始めましょう。変換を始めるためにApple Musicにサインインする必要があります。

変換中の進捗状況はソフトに表示されますので、変換が終了するまでしばらく待ってください。

ステップ6、変換履歴を確認

変換した曲の情報はソフトの左側の「変換完了」に表示されます。

「出力フォルダ」アイコンを押して、出力先にダウンロードした曲を再生し、音質をチェックしてください。ソフトでダウンロードしたApple Music楽曲は制限が解除されたため、ほかのデバイスに転送して自由にオフライン再生できます。

NoteBurner 変換 履歴

これでソフトのチュートリアルが完了します。「Noteburner Apple Music Converter」は無料体験版も用意していますので、上記の操作手順に従ってやってみてはどうでしょうか。

まとめ

「Noteburner Apple Music Converter」はApple Music向けの音楽変換ソフトとして、言うまでもなく強力かつシンプルなソフトです。でも、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を始めとして秀逸な代替ソフトもあります。どちらでも試用可能なタイプですので、それぞれの無料体験版を使ってみてから、自分に最適なタイプを決めることをお勧めします。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments