「ベスト3選」Apple Musicの曲をCDに焼く方法

Apple Musicの曲を楽しめている場合、それを聴くだけでは足りなくて、曲をCDに焼いて思う存分に聴きたい場合があるのでしょう。Apple Music側の制限によって、Apple Musicのダウンロード機能を通じて曲をPCにダウンロードしても、DRM制限がある故に簡単にダウンロード済みの曲をCDに焼くことができません。そのため、ここではApple Musicの曲の制限を解除しながら、曲の形式をCDに焼ける形式に変換する3つのやり方について解説します。

目次

一、Apple Musicの曲をCDへ書き込める形式に変換

Apple Music側のDRM技術よって、Apple Musicの曲が暗号化されたため、簡単に曲をCDに焼くことができません。そのほか、Apple Musicの制限を解除したとしても、曲をCDに焼いて聴くためには音楽の音質を無劣化で維持することが必要でしょう。そのため、ここではApple Musicの曲のDRM保護を解除しながら無損失で曲の形式を変換できるソフト「MuConvert Apple Music変換」の使い方について説明します。好きなの曲をの保護されたファイル形式からApple Musicの好きな曲をCDへ書き込めるMP3などフォーマットに変換したい方はぜひ参考にしてください。

「MuConvert Apple Music変換」を利用するためには、ソフトをパソコンにインストールしておく必要があるし、CDを焼くためにもPC側のCD書き込みソフトを使う必要がありますので、Apple Musicの曲をCDに焼くためにはPCを用意してください。

Apple Musicの曲をダウンロードしてMP3に変換する手順

Apple Musicの曲を変換するためには、事前に曲をiTunesのライブラリに追加しておいてください。

ステップ1、MuConvert Apple Music変換ソフトを実行

インストール済みの「MuConvert Apple Music変換」を起動し、そして左側のリストから変換したい曲を選択します。

プレイリストを選択

ステップ2、Apple Musicの出力形式を設定

曲の変換設定を調整し、出力形式を選びながら、保存先と変換された後の品質を選択しましょう。「MuConvert Apple Music変換」は高音質でMP3、M4A、FLACなどの汎用音声形式に変換できます。

出力形式を選択

ステップ3、Apple Musicの変換開始

変換設定が終了したら、「変換」を押して曲を変換してください。変換された後、ソフトの上部の「変換完了」を押して出力したApple Music曲の音質をチェックしてください。

曲変換を開始

上記の「MuConvert Apple Music変換」で曲の形式を変換した後、Apple Music側の制限が解除されたため、自由に変換された音楽データを空のCDに書き込めることができます。

二、変換されたApple Music曲をCDに焼く3つのやり方

方法1、Windows Media PlayerでApple Music曲をCDに焼く「Windows向け」

Windows側の初期搭載ソフト「Windows Media Player」を利用すれば、簡単にApple Musicから曲をCDに焼きます。

ステップ1、「Windows Media Player」を起動し、そしてCDに焼きたい曲を右クリックして、「追加」>「書き込みリスト」の順で押します。これでCDに書き込みたい曲を書き込みリストに追加するようになり、「Windows Media Player」の右側のリストで確認できます。

書き込みリストに追加

ステップ2、空のCDをPCにセットしてから、「Windows Media Player」の上部の「書き込み」の右下にある「書き込みオプション」を押して、「オーディオCD」をクリックします。

書き込みモードを設定

ステップ3、書き込みの設定が完成したら、「書き込みを開始」を押して変換されたApple Music音楽データをCDに焼きます。

書き込みを開始

方法2、iTunesでApple Music曲をCDに焼く「Mac向け」

「Windows Media Player」はWindows側のCD書き込みソフトですので、MacユーザーはiTunesでApple Musicの曲をCDに焼くことをお勧めします。

ステップ1、iTunesを起動し、メニューバーの「ファイル」>「新規プレイリスト」を押して、新規プレイリストを作成してから、「ファイル」>「ライブラリにファイルを追加」や「フォルダーをライブラリに追加」でCDに焼きたい曲をその新規プレイリストの中に追加します。

焼きたい曲を追加

ステップ2、次には空のCDをPCに挿入し、CDに焼きたい曲のプレイリストを右クリックして「プレイリストからディスクを作成」を押します。

プレイリストからディスクを作成

ステップ3、次には書き込みCDの設定を行います。「ディスクフォーマット」で「オーディオCD」や「MP3 CD」を選び、「ディスクを作成」を押します。これで変換されたApple Musicの曲がCDに書き込まれます。

書き込みCDの設定

方法3、CD書き込みソフトでApple Music曲をCDに焼く

WindowsやMac(Apple)のソフトを利用しなくて專門的なCD書き込みソフトを使って変換されたApple Musicの曲をCDに焼くのも方法の一つです。ここではWindowsのソフト「ImgBurn」とMacのアプリ「Burn」を例にして焼き方を説明します。

Windowsの場合:ImgBurnでApple Music曲をCDに書き込む

ステップ1、空のCDをセットしてImgBurnを起動し、ソフト画面から「Write files/folders to disc」を選びます。

ImgBurnのメイン画面

ステップ2、次には虫眼鏡の「Browse for a folder」を押して、CDに焼きたいApple Musicの音楽データをソフトに追加します。

CDに焼きたい曲を追加

ステップ3、「ファイルからディスクに」アイコンを押せば、確認のウインドウがポップアップされます。「Yes」を押せば曲をCDに焼く作業が始まります。

書き込みの確認

変換されたApple Musicの曲をCDに書き込む進捗状況はソフトで確認できますので、CDへの書き込みが完成する前に少々お待ちください。

CDに書き込み中

Macの場合:BurnでApple Music曲をCDに書き込む

ステップ1、「Burn」を起動し、「Audio」を押してから、左下の「+」ボタンを押してCDに焼きたい曲ファイルをソフトに入れます。次には右上のディスク種類を「MP3 Disc」/「オーディオCD」/「MP3 CD」にして、右下の「Burn」を押します。

曲ファイルをソフトに入れる

ステップ2、次には設定画面のウインドウがポップアップされます。書き込み先のディスクを選択してから、書き込みスピードをMaximum Possible(2X)にすることをお勧めします。

書き込みの設定

ステップ3、最後には「Burn」を押したら、変換されたApple Music音楽データの書き込みプロセス(進捗状況)が表示されます。曲がCDに書き込まれるまでに少々お待ちください。

音楽データの書き込み画面

三、Apple Musicの曲をCDに焼く違法性について

Apple Musicの曲はDRM(Digital Rights Management、「デジタル著作権管理」、著作権保護)が付いていますので、元々CDに書き込めるものではありません。DRMを解除できる「MuConvert Apple Music変換」によってApple Musicの曲は制限が解除されて形式も変換されたため、CDに書き込めるタイプになります。

しかし、それでも悪用厳禁!個人で楽しむためにApple Musicの曲をCDに焼く場合には「私的使用」を目的としますが、個人の鑑賞用CDを作成する際にも自己責任ですので、気軽に譲渡したりしないでください。そのほか、営利目的のためにApple Musicの曲をCDに焼いてレンタル・販売したり、SNSや音楽共有サイトなどでApple Musicの曲を無断で再配布したり投稿したりすることは違法行為になりますので禁じれています。上記のポイントはどちらでも重要ですので、Apple Musicから曲をCDに書き込む場合にはぜひご注意ください。

まとめ

Appe Musicの曲がMuConvert Apple Music変換で変換されたら曲のDRM制限が解除されたら、上記のCD書き込みソフトで簡単にCDに焼くことができます。興味があれば今すぐソフトの無料体験版を試用し、Apple Musicの曲を形式変換してから、CDに焼いてみましょう。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments