「Mac/iOS」Apple Musicの曲を録音する方法

MacやiOS(iPhone・iPad・iPod)でApple Musicの音楽を聴いている場合、それを録音して保存したい考えもあるのでしょうか。同じAppleの製品とも言えますが、Mac・iOS側でも簡単にApple Musicの音楽を録音できるわけではありませんので、ここではMacの便利な音楽録音ソフトやiPhone・iPad・iPodの録音アプリでApple Musicの曲を録音する操作手順を解説します。

目次

一、MacでApple Musicの曲を録音して保存する方法

Apple Musicはダウンロード機能を持ちますが、色々な制限をかけています。Apple Musicのダウンロード機能でダウンロードした曲をMacに保存しても、Apple Musicから退会すると聴けなくなります。Apple Musicの音楽を録音して永久に聴けるためにMacに保存したい場合には、「MuConvert Apple Music変換ソフト」(Mac対応)で曲の音楽形式を変換しながら録音しましょう。

MuConvert Apple Music変換ソフトでApple Music曲を録音する手順

ステップ1、Apple Musicの音楽を録音する前に

Apple Musicの曲を録音する前に、録音失敗を防止するために、録音したい音楽データをiTunesのライブラリに追加してからダウンロードしておいてください。

ステップ2、録音したい曲を選択

次は「MuConvert Apple Music変換」をソフトにインストールしてください。ソフトを実行した後、左側にはiTunesのライブラリのプレイリストが表示されます。その中からプレイリストを選び、録音したい曲を選んでください。

出力形式を選択

ステップ3、出力設定をする

「MuConvert Apple Music変換」はMP3、M4A、AACなど多種類の出力形式に対応します。「出力形式」で録音して出力したファイルのフォーマットを設定し、出力ファイル名、出力品質(最大320kbps)や出力フォルダ(保存先)なども設定してください。

出力形式を選択

ステップ4、Apple Music音楽の録音開始

出力設定も終了すると、「変換」を押してApple Musicの曲を録音し始めましょう。録音(変換)の進捗状況はソフトで確認できます。

曲変換を開始

Apple Music音楽の録音が終了した後、「変換完了」で今までの変換履歴をチェックしながら、録音した曲の保存先を開いて曲の音質を確認できます。

二、iPhone・iPad・iPodでApple Musicの音楽を録音する方法

Apple側の制限によって、iPhone・iPadの「ボイスメモ」アプリでは音声を録音できますが、Apple Musicで曲を再生する時にボイスメモの録音が自動的に停止しますので、Apple Musicの曲を録音するためにはiPhoneの録画機能を利用する必要があります。iOS自体の画面録画機能を始めると、再生中のApple Music音楽は無音になりますが、下記のコツを活用すれば録音できます。

ステップ1、iPhone・iPadで「ミュージック」アプリを完全に終了します。

ステップ2、iPhone・iPadのコントロールセンターを呼び出して画面録画機能を始めます。

ステップ3、画面録画が始まると、「ミュージック」アプリを実行して、Apple Musicの音楽を再生してみます。

ヒント:上記の方法で今までiOSのApple Musicの曲を録音しているとしても、Apple側の仕様変更によっていつの間にはこの方法が通用しなくなるかもしれません。その場合にはPCでの「MuConvert Apple Music変換ソフト」を代わりとしてApple Musicの楽曲を録音してみてください。

まとめ

Apple Musicと解約した後、Apple Musicのダウンロード機能からダウンロードした曲はライブラリから消えて聴けなくなります。そのため、Apple Musicと解約する前には契約期間中に聴きたい曲を録音しておくほうがよいでしょう。しかし、注意すべきなのは、Apple Musicの曲を録音する行為は自己責任で悪用厳禁です。無断で録音した曲を販売・再配布(配信)・譲渡・転載することは禁止しますので、ぜひただの個人的な使用で楽しむためにApple Musicの曲を録音してください。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments