Apple Musicを解約した後でも曲を永久保存する方法

Apple Musicサービスを続けたくない場合、それを解約してもいいけど、Apple Musicから解約すると、Apple Musicからダウンロードした曲の使用に影響を及ぼしますので、ここではApple Musicと解約した後でも、Apple Musicの曲をダウンロードして保存できる方法を紹介します。

目次

一、Apple Musicのサービスと料金プラン

曲数:9,000万曲

無料体験期間:Apple Musicは新規ユーザーとして支払い情報を登録すれば3か月間サービスを無料体験できますが、永遠に新アカウントで無料体験するのが不可能です。3か月の後、Apple Musicを解約していないと、現在契約中のサブスクリプションが自動的に更新されて、月額で料金を支払うようになります。

料金プラン:

Voice ¥480/月(Siri で音楽を再生する専用プラン)

学生 ¥480/月

個人 ¥980/月

ファミリー ¥1,480/月

apple music プラン

二、Apple Musicを解約した後、ダウンロードした曲はどうなる?

Apple Musicはオフライン再生機能とダウンロード機能を搭載していますが、Apple Musicの料金プランを解約すれば、最終の有効期限が切れるとライブラリに保存した曲は自動的に削除されて、ダウンロードした曲は削除されませんが、再生できなくなります。解約後でもApple Musicの曲を聴きたい方は、Apple Musicを解約する前に、下記の方法でApple Musicの音楽を保存しておくことをおすすめします。

三、Apple Musicを解約した後でも、Apple Musicの曲を永久に聴ける方法

前に述べた通りに、Apple Musicを解約したら、Apple Musicのダウンロード機能でPCに保存した曲は再生できなくなります。でも、もし專門的なApple Music音楽形式変換ソフトを活用すれば、Apple Musicの曲を安全かつ高速にダウンロードするだけではなく、曲のコピーガードを解除し、高音質でMP3やM4Aなどの形式に変換してダウンロードすることができます。

変換されたApple Musicの曲は、Apple Musicを解約した後でも、自由にデバイスの間に転送したり、いつでもどこでも制限なく再生できます。高音質で制限なしのApple Music音楽を楽しめたい場合、下記のチュートリアルに従って、Windows・Macに対応する「MuConvert Apple Music変換ソフト」でApple Musicの曲を変換・ダウンロードしてください。

解約する前にApple Musicをダウンロード・変換しておく手順

ステップ1、Apple Musicの音楽を変換・録音する前に

Apple Musicの曲の変換失敗や録音失敗を防止するために、解約したでも聴きたい曲をiTunesのライブラリに追加し、そしてパソコンにダウンロードしておいてください。

ステップ2、解約後でもしたい曲を選択

次にインストール済みの「MuConvert Apple Music変換」を実行してください。ソフトの左側にiTunesのライブラリのプレイリストを確認できます。プレイリストを押して、永久に保存したい曲を選択します。

プレイリストを選択

ステップ3、Apple Music音楽の出力設定

「MuConvert Apple Music変換」を通じては、Apple Musicの曲をMP3、M4A、AACなど多種類の形式で出力できます。解約後でも再生したい曲を選択したら、「出力形式」で変換後の音楽フォーマットを設定してください。

出力形式のほかに、曲の出力後のファイル名・出力品質(最大320kbps)・出力先なども設定しておいてください。

出力形式を選択

ステップ4、Apple Musicの制限を解除し、曲を変換

出力設定が完了したら、「変換」を押してApple Musicの曲を変換しましょう。形式が変換された曲はApple Music側の制限が解除されますので、解約後でも自由に転送したり再生したりすることができます。変換中の進捗状況はソフトで表示されます。

曲変換を開始

変換が終了した後、ソフトの「変換完了」で変換履歴を確認しながら、変換した曲の出力先を開き、変換した曲の品質をチェックしましょう。

四、「スマホ・PC」Apple Musicを解約する方法

記事の最後に、おまけにApple Musicを解約する方法を簡単的に紹介します。

スマホの場合:

ステップ1、Apple Musicにログインした後、右上のアイコンをタップしてアカウント画面に入り、「サブスクリプションの管理」をタップします。

ステップ2、ここでは現在契約中の料金プランを確認できます。下部の「サブスクリプションをキャンセルする」を押せばApple Musicから退会し、利用中の契約(料金プラン)も解約するようになります。解約したとしても、サブスクリプションの最終更新日まで利用できます。

スマホでサブスクリプションの管理

PCの場合(iTunes経由):

パソコン側からApple Musicを解約するためにはiTunesをインストールしておいてください。

ステップ1、PCでのiTunesを実行し、Apple IDでログインしてください。次にアカウント>「マイアカウントを表示」を押します。

ステップ2、アカウント情報で「サブスクリプション」の右側の「管理」を押してApple Musicの「編集」を押します。

ステップ3、ここでは利用中のサブスクリプションを確認できます。下部の「サブスクリプションをキャンセルする」を押せばApple Musicを退会できます。

PCでサブスクリプションの編集

まとめ

Apple MusicはSpotifyなどの音楽配信サービスと異なり、完全有料音楽配信サービスですのでFree版や無料プランはありません。もしApple Musicを解約した後でも曲を聴きたいなら、Apple Musicを解約する前に、上記の「MuConvert Apple Music変換ソフト」を活用して、できるだけ聴きたい曲をパソコンに保存してください。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments