【知ればお得】Spotifyデータ通信量を節約する方法

Spotifyの音楽配信サービスを活用すれば何千万の曲を楽しめますが、楽曲がストリーミング方式で配信されますので、スマホのSpotifyを通じて好きな曲をオンラインで聴くためにはスマホデータ通信量を使ってしまいます。たくさんの曲を楽しんでいる場合にデータ通信量の消耗も激しくなります。通信料をあまり浪費しないように、ここではSpotifyで曲を聴く時のデータ通信量節約術を紹介します。データ通信量を気にせずにSpotify音楽を思う存分に再生したい方、ぜひ参考にしてください。

目次

一、どんな時にSpotifyはスマホのデータ通信量を消費するの?

下記の場合に、Spotifyを利用すればスマホのデータ通信量は消費されます。

1、Spotify音楽再生時

Spotifyの音楽を再生する場合には曲を一時的にダウンロードする「ストリーミング再生」の場合が多いでしょう。聴く時間が長ければ長いほどスマホデータ通信量の消費が大きいです。その同時に、音質が高ければ高いほどデータ通信量の消費も激しくなりますので、長時間で高音質の曲を聴けばスマホデータ通信量はどんどん消費されてしまいます。

2、Spotify音楽ダウンロード中

音楽をスマホにダウンロードしておけば、オフライン再生でスマホデータ通信量の消費を抑えることができますが、インターネットからスマホにSpotifyの曲をダウンロードする場合にもデータ通信量は消費されます。

二、Spotifyで消費するデータ通信量はどのくらいなのか?

Spotifyで音楽を聴く時のスマホデータ通信量の消費は曲によって違いますが、下記の項目を参考にして音質別でデータ通信量の目安を把握してください。

項目

5

30

3時間

60時間

低音質

1.5MB

9MB

54MB

1080MB

(約1GB)

標準音質

4MB

24MB

144MB

2880MB

(約3GB)

高音質

7.5MB

45MB

270MB

5400MB

(約6GB)

最高音質

17.5MB

105MB

630MB

12600MB

(約13GB)

自動

7MB

42MB

252MB

5040MB

(約5GB)

上記のデータからみれば、低音質の曲を聴けばスマホのデータ通信量の消耗を抑えることができます。でも、スマホデータ通信量のために音質が悪い曲を聴くなんて本末転倒なんだと考えている方もいるでしょう。その場合には以下の節約術を身につけて、高音質で音楽を楽しめながら、できるだけデータ通信量の消費を抑えましょう。

三、Spotifyの通信量を節約する方法6選

Spotifyを利用する間にも下記の仕方を活用すれば通信料を一気に節約できます。

1、Spotify音楽変換ソフトで曲をダウンロードしオフライン再生する

Spotifyの音楽をダウンロードしておけば、オフライン再生で簡単にデータ通信料を節約できるのではありませんか?そう考えているユーザーも多少いるでしょう。しかし、Spotify公式の音楽ダウンロード機能は有料プラン限定の機能だし、ダウンロード機能としては色々な制限があります。そのため、ここでは音楽変換ソフトでSpotifyの曲をダウンロードすることでデータ通信料を節約するやり方を説明します。

MuConvert Spotify音楽変換ソフト」はSpotify向けの楽曲形式変換ソフトとして、WAV・MP3・M4A・FLACの形式変換に対応します。potifyの曲を変換すれば、自由にデバイスに保存したり転送したりすることができて、空き領域があれば好きなだけで再生してもデータ通信料は消費されませんので、オフライン再生の手段として最適な選択肢とも言えます。このソフトでSpotifyの曲をダウンロードしてみる場合、まずはソフトの無料体験版をパソコンにインストールして、試用してみましょう。

MuConvert Spotify音楽変換ソフト」の使用方法:

ステップ1、ソフト実行

インストール済みの「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」を起動すれば、Spotifyウェブプレーヤーが表示されます。お使いのアカウントでログインして、Spotifyでダウンロードしたい曲を探しましょう。

Spotify ウェブプレイヤーを開く

ステップ2、ダウンロードしたい曲を追加

ダウンロードしたい曲が入ったプレイリストを見つけたら、「+」ボタンをクリックして、プレイリストの曲をソフトの変換リストに追加してください。

Spotifyのプレイリストを開く

ステップ3Spotify曲の出力設定

右上の「すべてのファイルを変換」でSpotifyの楽曲の出力形式を一括で指定し、或いは曲の「出力形式」で別々選んでください。

出力形式を選択する

ステップ4、保存先を変更

左下の「選択」では保存先のフォルダを変更できます。「フォルダを開く」を押して出力先を確認するのも可能です。

プレイリストを追加する

ステップ5Spotify音楽ダウンロード

設定が終了すると「すべて変換」を押してSpotify音楽をダウンロードしましょう。進捗状況はソフトで確認できます。そして「変換完了」で今までのSpotify音楽変換履歴をチェックできます。

Spotify 楽曲 変換

2、Wi-Fi環境で楽曲を再生する

Wi-Fi環境で音楽を聴くことはデータ通信料金を節約できる手段だけではなく、安定なWi-Fi環境で曲を聴くことも、言うまでもなく不安定なインターネットより聴き心地がよいでしょう

ちなみに、Wi-Fiのない場合にはSpotifyで音楽をダウンロードしないように設定してください。Spotifyの設定画面の「音質」での「データ通信でダウンロード」をオフにすると、Wi-Fi環境ではないと曲をダウンロードすることはしません。

3、Spotifyの音楽の音質を下げる

Spotifyの曲の音質が高ければ高いほど通信量の消費が大きいですので、音質を下げれば通信量の消費を抑えることができます。音質が悪くなることに不満を抱いても、通信制限がかかる際に不便を感じることより賢明でしょう。

4、Spotifyの有料会員になると、オフライン機能を利用できる

Spotifyの有料プランに加入すれば、音楽ダウンロード機能とオフライン再生機能を利用できます。Spotifyの曲を事前にダウンロードしておけば、万が一の時にはオフライン再生で曲を聴けるようになり、スマホのデータ通信料を抑えるコツとも言えます。でも、注意すべきなのは、Spotifyで曲をダウンロードすることも多少通信量を消費します。

5、データ通信節約モードの設定

Spotify公式側は「データ節約モード」という機能を提供しています。この機能を起動すれば、聴いている音楽は自動的に低音質になり、Canvas機能も無効になります。

Spotifyのホーム画面「My Library」の歯車(設定)アイコンをタップすれば「データ節約モード」をオンにすることができます。

6、キャリアの通信モードを変更する

スマホのデータ通信料を抑える方法といえばSpotifyだけに拘ることはいけません。スマホの通信モードを通信量がかからないモードに変更して通信速度に制限をかけるのは通信量を節約する方法の一つです。

まとめ

オフラインでSpotifyの曲を聴けば、スマホのデータ通信量は消耗されますので、上記の節約術を活用しても、消耗が激しい問題が解決されていないかもしれません。そのため、やはりSpotify向けの楽曲ダウンロードソフト「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」を活用して、再生したい曲をスマホにダウンロードしておき、そしてオフライン状態で曲を楽しむほうが通信量を節約できるでしょう。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments