Apple Musicからダウンロードした曲が消える時の対処法

Apple Musicからダウンロードした曲が消えたら、取り戻すことが可能でしょうか。ここではApple Musicのダウンロードした曲が消える時の対策をまとめて説明しながら、永久にApple Musicの曲をダウンロードして保存できる方法も紹介します。ぜひ下記の解決策を一々試してください。

目次

対処法1、音楽変換ソフトでApple Musicを永久に保存

Apple Musicからダウンロードした曲が消えないようにするために、專門的な音楽変換ソフトを使ってはどうでしょうか。強力な「MuConvert Apple Music変換ソフト」はApple Musicの曲をデバイスに高音質でダウンロードし、永久に保存することができます。

ダウンロード済みの曲のApple Music制限が解除されたし、音楽形式もMP3・M4A・FLACなどに変換されたため、自由に各デバイスの間に転送できます。Apple Musicを解約した後でも、「MuConvert Apple Music変換ソフト」でダウンロードした音楽はオフラインで再生できます。

最大10xの超高速でApple Musicからダウンロードした曲を変換したら、原因不明の紛失を防止できるし、思う存分にダウンロードした曲を楽しめますので、興味がある方は今すぐソフトの無料体験版を使用してみましょう。

ステップ1、事前準備

Windows・Macに対応する「MuConvert Apple Music変換ソフト」をパソコンにダウンロードする前に、ダウンロードしたい曲を事前にApple MusicからiTunesのライブラリに追加してPCにダウンロードしてください。事前にダウンロードしておかないと、「MuConvert Apple Music変換ソフト」で形式を変換し、永久に保存する場合には失敗するリスクがあります。

ステップ2、永久に保存したい曲を選択

では、パソコンにインストールした「MuConvert Apple Music変換」を起動してください。表示された画面の左側にiTunesライブラリのプレイリストをチェックできます。その中からパソコンに永久にダウンロードして保存したいApple Music音楽を選択してください。

プレイリストを選択

ステップ3、出力設定

「MuConvert Apple Music変換」で曲を高音質で形式変換するために、事前の変換設定が必要です。「出力形式」で出力後の形式を選び、そして出力後のファイル名と出力品質(最大320kbps)、出力先などを設定してください。

出力形式を選択

ステップ4、Apple Musicの曲を永久に保存

曲の出力オプションを設定した後、「変換」を押してApple Musicの曲の形式を変換してください。変換中の進捗状況はソフトで確認できます。曲が変換された後でも「変換完了」で変換後のファイルの出力先を開いて、制限が解除されたApple Musicの音楽を再生して音質を確認できます。

曲変換を開始

これで変換した曲はApple Music側の制限が解除されたため、自由にコピーしたり転送したりすることができますので、不明の原因によって消える問題を防止できる対策とも言えます。

もし音楽変換ソフトを利用しても問題を解決できない場合、以下の対処法を活用して、Apple Music音楽が消えるトラブルを解消してみてください。

対処法2、「Apple Musicを表示」をオンにする

iPhoneの「設定」アプリ>「ミュージック(音楽)」「Apple Musicを表示」をオフにすると、Apple Musicのコンテンツが非表示になり、Apple Musicの曲が消えることも当然です。

その場合には「設定」>「ミュージック(音楽)」>「Apple Musicを表示」をオンにしてください。

対処法3、「iCloudミュージックライブラリ」をオンにする

「iCloudミュージックライブラリ」は同じApple IDでサインインしているiOSデバイスとMacなどがすべてクラウドに保存している音楽・プレイリストを楽しめる機能です。Apple Musicから追加した曲・プレイリスト・iTunesに追加した曲はすべて含まれています。

そのため、「iCloudミュージックライブラリ」がオフになるとダウンロードした曲はすべて削除されます。iOSのアップデート・Apple IDとiTunes StoreのサインアウトによってiCloudミュージックライブラリが自動的にオフになりますので、その時にはiPhoneの「設定」>「ミュージック」>「iCloudミュージックライブラリ」或いは「ライブラリを同期」をオンにしてください。

iCloudライブラリを同期

でも、注意すべきなのは、再びオンにしても、その前のApple Musicは自動的にダウンロードされるわけではありません。Apple Musicを開いて曲をもう一度ダウンロードする必要があります。曲の再ダウンロードは面倒だし、スマホのデータ通信量を節約するためには安定なWi-Fi環境が必要ですので、曲を永久にデバイスに保存したい場合にはやはり上記の「MuConvert Apple Music変換ソフト」を活用してください。

対処法4、iPhoneを再起動

iPhoneの不具合でApple Musicの曲が消えるかもしれませんので、iPhoneを強制的に再起動したり、iPhoneのiOSをアップデートしたりして、iPhoneの不具合を解消してみましょう。

もちろん、iPhoneではなく、Apple Music公式側にトラブルが発生するせいで曲が消える恐れもありますので、その時にはApple Musicの公式の不具合修正を待つしかありません。

対処法5、「iTunes StoreとApp Store」を再ログイン

「iTunes StoreとApp Store」の不具合によって、Apple Musicの音楽データがなくなる可能性がありますので、一度ログアウトしてから、「iTunes StoreとApp Store」を再ログインしてください。

不具合ではなく、単に別のアカウントでログインしていることもありますので、Apple Musicの曲はどのアカウントに保存しているか確認してから、その相応のアカウントで「iTunes StoreとApp Store」をログインしてください。

まとめ

音楽が人間の体と心を癒し、生活を豊かにする不思議な力を持っていますので、Apple Musicのお気に入りの曲が消えると気分に多少悪い影響を与えます。曲を各デバイスにコピーしたりすることは紛失問題の予防策とも言えますが、Apple Musicのコピー保護によって曲の複製はなかなかできません。その時にはぜひ「MuConvert Apple Music変換ソフト」の音楽形式変換機能を活用して、損失を最小限に抑えましょう。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments