【2022年最新】Spotify音楽が再生できない時の原因と対策

Spotifyで曲を楽しむ時、不明なエラーが発生し、聴きたい曲が突然聴けなくなる場合もあります。Spotifyが落ちてお気に入りの音楽を再生できなくても慌てずにここでの対処法を参考にして、不具合の原因を把握して、トラブルを解消してみましょう。本記事では、Spotifyで聴きたい曲が聞けない問題とSpotify音楽をオフラインで再生できない時の対処法を説明します。どうしてもSpotifyで曲を再生できなくても、特別な音楽変換ソフトを活用すれば、問題を解決できます。

目次

一、Spotifyの曲が再生できない原因

Spotifyで聴きたい曲が聞けない時、まずは不具合の原因を分析してください。

1、インターネット状況

インターネット環境が不安定な場合、Spotifyでの曲を再生できないこともあります。ブラウザで他のウェブサイトにアクセスしてインターネットの状況を確認してください。

2、デバイスの容量不足

スマホやパソコンの空き容量が足りないと、Apple Musicの動作が遅くなる同時に、曲を再生しようとしてもメモリ不足で再生できなくなります。Spotifyで曲を聴いている途中に急にアプリが落ちることや再生が不明な原因で止まってしまうこともストレージ不足が原因かもしれません。

3、デバイスとアプリの更新

デバイス(Android・iPhone・PC)やSpotifyアプリのバージョンが古すぎるから、不明なエラーが発生して曲を再生できないリスクもあります。

4、Spotify無料プランの再生制限

Spotifyではフリープランを利用できますが、「タブレット・パソコンでSpotify音楽を聴く場合、30日間で15時間まで再生できる」という制限があります。なぜかというとタブレットとパソコンではオンデマンド再生が可能ですが、曲の再生時間が制限を超えると次のリセット日まで曲を再生できなくなるとのことです。

ちなみに、スマホ版の無料プランは30日間で15時間の再生制限がありませんが、ランダム再生(シャッフル再生)モードのみで曲を再生できます。

5、オフラインモード

Spotifyの有料プラン(プレミアムサービス)を利用する時、Spotifyの音楽ダウンロード機能を利用できますので、「オフラインモード」をオンにすれば、ダウンロードした曲のみ再生できるようになり、スマホのデータ通信量を節約できます。でも、その反面、「オフラインモード」をオンにすれば、ダウンロードした曲ではないと再生できなくなります。

6、Spotifyのブロック機能

Spotifyは「この曲を非表示にする」というブロック機能を搭載しています。ブロックされた曲・アーティストはスキップされて再生できなくなります。

7、 デバイス数の制限

Spotifyの音楽再生機能は一つのデバイスのみ利用できます。他のデバイスで曲を再生すると、元のデバイスでの音楽再生が一時停止されます。

8、 制限付きのローカルファイル

Spotifyは一部のローカルオーディオファイルの再生にも対応しますが、一部の音楽ファイルは保護されていますのでSpotifyでうまく再生できません。

9、配信されていない曲

Spotifyの配信可能なコンテンツは時間や地域の制限によって再生できない可能性があります。そのほか、音楽所有権、著作権などの問題によって特定の曲・アーティストを再生できない場合もあります。

10、 Appleサーバーの障害

Spotifyの配信可能なコンテンツは時間や地域の制限によって再生できない可能性があります。そのほか、音楽所有権、著作権などの問題によって特定の曲・アーティストを再生できない場合もあります。

二、Spotifyの音楽が再生できない対処法

1、音楽変換ソフトで曲をダウンロード

Spotifyで「この曲を再生できません」と表示される時、曲をSpotifyからダウンロードしてSpotify側の不具合を回避するのも方法の一つですが、Spotifyのダウンロード機能でデバイスに保存した曲はSpotify以外の方法で再生できませんので、同じくSpotifyの不具合で再生できない恐れがあります。

その時には強力な「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」を代替案として、Spotifyの曲の制限を解除してから、デバイスにダウンロードしてみてはどうでしょうか。音楽変換ソフトでダウンロードした曲はSpotify以外のデバイスでも自由に再生できます。

「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」の使用方法:

音楽変換ソフトの使い方が簡単ですので、初めて利用する方も手軽にできます。でも、「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」はWindows・Macに対応するソフトとして、PCにインストールしておく必要があります。

ステップ1、ソフト起動

インストールした「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」を起動し、お使いのアカウントで表示されたSpotifyウェブプレーヤーにログインします。

Spotify ウェブプレイヤーを開く

ステップ2、ダウンロードしたい曲を見つける

Spotifyからダウンロードしたい曲が入ったプレイリストを探して、右側の「+」ボタンを押してプレイリストの曲を全てソフトに追加します。

Spotifyのプレイリストを開く

ステップ3、出力形式を選定

曲をダウンロードする前には出力形式を設定してください。右上の「すべてのファイルを変換」で曲の出力形式をMP3・M4A・WAV・FLACにしてください。曲ごとに「出力形式」を設定するのも可能です。

出力形式を選択する

ステップ4、保存先を選択

左下の「選択」で出力先のフォルダを選択できます。「フォルダを開く」をクリックすれば直接保存先を開くことができます。

プレイリストを追加する

ステップ5Spotify楽曲ダウンロード

右下の「すべて変換」を押せば、選定したSpotify音楽は順番にダウンロードします。ダウンロードの進捗状況はソフトで表示されます。変換が終了すると画面上部の「変換完了」を押して、今までのダウンロード履歴をチェックしてください。

Spotify 楽曲 変換

2、万能薬の再起動

まずはスマホ・パソコンを再起動してから、もう一度Spotifyを実行して、曲を再生してみてください。デバイスとアプリの再起動を通じては多くのトラブルを解消できます。

もしそれでも曲が再生できないと、Spotifyからログアウトしてからもう一度ログインしたり、Spotifyアプリをアンインストールしてから、再びインストールして曲を再生してみるのも対策です。

3、アプリ更新(OS更新)

できるだけデバイスのOSとSpotifyアプリを最新バージョンにアップデートしてから、もう一度曲を再生してみてください。

4、Spotifyの設定を変更

Spotifyのオフラインモード(プレミアム限定)とブロック機能を解除してください。これでSpotifyの設定に制限されて再生できない曲は再生可能になります。

5、安定なインターネット環境を選択

インターネット環境がSpotify音楽をオンラインで再生する時の音質を影響しますので、通信環境が良い場所を探してSpotify音楽を聴いてください。

6、領域不足を解消

デバイスが容量不足になると多くの不具合が発生しますので、余計なファイルを削除して、端末の空き領域を増やしてください。

7、プレミアムサービスに加入

Spotifyのフリープランは色々な制限がありますので、曲を好きなだけで再生できません。もし無料プランのSpotifyだけでは足りないと感じる場合、プレミアムサービスに登録してはどうでしょうか。

8、他のデバイスで再生してみる

お使いのパソコン・スマホ側の不具合によって曲を再生できない可能性もありますので、他のデバイスでSpotify音楽を再生してみましょう。

9、Apple Musicサーバー側の対応を待つ

Apple Musicのサーバーの障害によって曲が再生できない場合には他の音楽配信サービスや音楽ファイルを代わりとしながら、Apple側の改善を待ってください。Appleサーバーの状況はアップルの公式サイトで確認できます。もちろん、あまりにも心配する場合、Apple Musicのサポートチームにお問い合わせして不具合の相談を求めることも選択肢です。

まとめ

Spotifyで曲が再生できない時、上記の方法を通じても問題を解決できなければ、ほかの音楽配信サービスや音楽ビデオを代わりとして音楽を楽しんではどうでしょうか。Spotify側のダウンロード機能の不具合によってダウンロードできない可能性もありますので、「MuConvert Spotify音楽変換ソフト」をダウンロード機能の代替ソフトとして、曲を事前にデバイスに保存することをお勧めします。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments