【必見】Apple Musicの音楽をMP3に変換・保存する方法

Apple Musicと互換性がないMP3プレイヤーやデバイスなどでApple Musicの音楽を再生できますか?また、サブスクリプションをキャンセルした後でもApple Music のお気に入りの曲を聴きたいですが、どうすればいいかなぁと思っている人は数多いでしょう。実はApple Musicの音楽をMP3に変換すれば、永久にそれらの曲を楽しめます。

Apple Musicの音楽をMP3に変換・保存する方法を知りたいなら、ぜひこの記事を見逃しないでください。

目次

一、Apple MusicをMP3形式に変換する必要性

Apple MusicはiPhone・iPad・Macなど様々な端末に対応して、定額制で数え切れないほどの楽曲が聴き放題の音楽配信サービスです。邦楽も洋楽も取り揃えられているので、高品質の音楽を聴くことが好きな方におすすめです。

Apple Musicの音楽は、承認されたiPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、Apple TV、Mac、PC、などのデバイスでのみ再生できます。無料プランはありませんが、初回登録から1ヶ月間は無料で全ての機能が利用できる無料トライアルがあります。それ以外、「個人プラン」、「ファミリープラン」「学生プラン」、「Apple Music Voiceプラン」も提供しているので、自分に合ったプランを選択できます。

しかし、Apple Musicですべての曲はDRM保護(デジタル著作権管理)の制限により、許可されている以外のすべてのデバイスやメディアプレーヤーでお気に入りの曲を再生することができません。MP3に変換して、保存すれば、問題が解決できます。

また、Apple Musicの音楽をオフラインでも再生できるように、サブスクリプションが必要です。音楽をMP3に変換したら、サブスクリプションがキャンセルされた場合も永久に気楽にApple Musicの音楽を再生できます。

好きなApple Musicの音楽を発見して、家族や友人などに共有したい場合はApple Musicのファミリープランを購読しなければならないと思われ、悩んでいる方もいるでしょう。音楽をMP3に変換したら、ファミリープランが要らなく、無料でApple Musicの音楽を他人と共有することができます。

Apple Musicの音楽をMP3に変換するには、二つの方法があります。Apple Music音楽変換ソフトを利用することもできるし、iTunesを利用してMP3形式に変換することもできます。以下はその二つの方法をそれぞれ詳しく説明します。

二、Apple Musicの音楽をMP3に変換・保存する方法

Apple Musicの音楽をMP3に変換するには、二つの方法があります。Apple Music音楽変換ソフトを利用することもできるし、iTunesを利用してMP3形式に変換することもできます。以下はその二つの方法をそれぞれ詳しく説明します。

音楽変換ソフトでApple MusicをMP3に変換する方法

「MuConvert Apple Music変換ソフト」はApple Musicの音楽を簡単にMP3、M4A、AACなど汎用的な出力フォーマットに変換できるソフトです。Apple Musicの音楽の元の音質を維持した上で、10倍速いスピードで複数の音楽ファイルを一括に変換できます。変換速度と音質両方とも優れているし、直感的なユーザーインターフェースを持っているし、とにかく初心者でも簡単に使え、Apple Musicの音楽をMP3などに変換・保存することができる超実用な音楽変換ソフトです。

優れた機能:

  • WindowsとMacの両方に対応
  • Apple Musicの音楽を高画質なMP3、M4A、AACなどに変換できる
  • Apple Musicの曲のID3タグとメタデータ情報をそのまま保存できる
  • 最大10倍速でApple Musicの音楽を変換できる
  • 変換された曲はiPhone、iPod、Androidタブレットなどのデバイスで再生できる

では、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を使って、Apple Musicの音楽をMP3に変換する具体的な手順を説明します。

ステップ1、MuConvert Apple Music変換ソフトを起動

まずはこの変換ソフトをダウンロード・インストールしてください。ソフトを起動すれば、iTunesもそれと共に起動されます。

プレイリストを選択

ステップ2、変換したいApple Musicの曲を追加

変換したいApple Musicの曲を選んでください。そして、変換の出力形式を設定してください。このソフトはMP3、M4A、AACなどに変換できますが、ここはMP3を選択すればいいです。出力品質や出力フォルダも自由に選択できます。

出力形式を選択

ステップ3、Apple Music曲の変換を開始

以上の設定が終わったら、「変換」ボタンを押して、Apple Music曲の変換を始めます。変換画面は以下のようです。変換完了まで、少々お待ちください。

曲変換を開始

ステップ4、Apple Music曲の変換履歴をチェック

変換が完了したら、「変換完了」を選び、Apple Musicの音楽の変換履歴をチェックすることができます。また、「出力先を開く」を押して、変換された曲リストの品質を確認できます。

以上は「MuConvert Apple Music変換ソフト」を利用して、Apple Musicの音楽をMP3に変換する具体的な手順です。実際に操作してみたい方は以下のボタンを押して、体験してください。

iTunesを使って、Apple MusicをMP3に変換する方法

ステップ1、iTunesを開きます。そして、メニューバーで、「編集」> 「設定」を選択します。

ステップ2、「一般」ボタンをクリックしてから、ウィンドウの下部にある「 設定のインポート…」ボタンをクリックしてください。

インポート設定

ステップ3、「読み込み方法」の横のメニューをクリックし、Apple Musicの曲を変換するエンコード形式を選択します。そこはMP3 / AAC / AIFF / WAVという変換形式を選択できます。それから、「OK」をクリックして設定を保存します。

読み込み設定

ステップ4、ライブラリの中の変換したいApple Musicの曲を選択します。そして、「ファイル」>「変換」の順に選択し、「[形式] バージョンを作成」を選択します。そこは「MP3バージョンを作成する」を選択すればいいです。

MP3バージョンを作成

そしたら、Apple Musicの曲が簡単にMP3に変換されました。新しい曲のファイルが、ライブラリの変換元のファイルの横に表示されます。

しかし、この変換方法にも欠点があります。

  1. 変換されたApple Musicの音楽の音質が低下し、元の音質を維持できません。
  2. AACフォーマットで保護されているため、古い曲を変換できません。これらの曲を別のMP3に変換したいなら、「MuConvert Apple Music変換ソフト」を使って、Apple Musicの音楽を変換すれば、簡単に実現できます。

まとめ

以上はApple Musicの曲をMP3に変換する方法です。ご参考になれば幸いです。変換された音楽はすべてのメディアプレイヤー、デバイスで自由に再生できます。Apple Musicのすべての曲をDRM保護の制限なしに変換したいなら、やはり「MuConvert Apple Music変換ソフト」を利用することが一番いいです。高音質のApple Musicの音楽を永久に聴き放題ということはもう夢ではありません。

0 0 votes
文章评分
Subscribe
Notify of
guest
0 评论
Inline Feedbacks
View all comments